Tokai Formula Club

Formula SAE

始まり Origins

 学生フォーミュラ (Formula SAE/Formula Student/Student Formula)は、1981年にアメリカの団体であるSAE (Society of Automotive Engineers)が「ものづくりによる実践的な教育プログラム」として企画、開催されたのが始まりです。この競技では、学生が主体となり、車両の設計・製作はもちろん、企画やチームの運営を行います。現在、Formula SAEはアメリカ、ヨーロッパを中心に世界各国で、統一された規則の下開催され、年間400以上の大学が参加しています。日本では2003年から開催されています。

Formula SAE (FSAE/Formula Student/Student Formula) was launched in the United States in 1981 by SAE (Society of Automotive Engineers) as coledge competition. The conpetitions give teams the chance to demonstrate and prove both their creativity and their engineering skills in comparison to teams. Now Formula SAE series is held 10 competitions in 8 different countries under uniform regulations. More than 400 universities students join this competitions.

方針 Principle

 Formula SAE は規則に、"Formula SAE は大学生、大学院生に小型のフォーミュラカーを通して着想、設計、製作、開発、競争を行うことを求める"と記しています。よって、車両の設計は、安全面については厳格で緻密な規則が設定されていますが、学生たちの知識、独創性、構想力を存分に発揮できるように、技術的制約は必要最小限となっています。大会で様々な種類の審査を受け競われます。審査は自動車業界やレーシングチームの方々によって行われます。

Formula SAE Rules says "The Formula SAE Series competitions challenge teams of university undergraduate and graduate students to conceive, design, fabricate, develop and compete with small, formula style, vehicles." Technical constraint is minimized by the rules without safety aspect. Therefore, students can exert their imaginations to design and construct their cars. Cars will be evaluated each other in many difference disciplines in the competitions. Judges from automotive industry and even feom racing team evaluate cars.

審査 Disciplines

 大きく分けると動的審査と静的審査の二つの審査があり、8つの種目を行い、それらの審査全てを点数化し、その合計得点を1000点満点で競います。

Disciplines is split into two categories, Static event and Dynamic event, and eight events. All events are scored by judges and teams compete overall score out of 1000 points.

静的審査 Static event

デザイン Engineering Design (150points)

 事前に提出した"デザインレポート"と呼ばれる設計資料と車両を元に、どのような技術を採用し、どのような工夫をしているか、またその採用した技術が市場性のある妥当なものかを評価します。具体的には、車体および構成部品の設計の適切さ、革新性、加工性、補修性、組立性などについて口頭試問します。最優秀チームには150点が与えられます。

The design event is to evaluate the engineering effort that went into the design of the car and how the engineering meets the intent of the market both in terms of vehicle performance and overall value. The adoption of new technology and solutions are presented to judges in "Design Report". "Design Report" is handed in before the competition. The best team gets 150 points.

コスト Cost Analisys (100points)

 コストは、生産活動を行うにあたって考慮しなければならない重要な要素であることを参加者に学ばせることが狙いです。車両を見ながら事前に提出したコストレポートのコスト精度、チームによる製造度合等を確認し、部品製造プロセスなどの口頭試問を行い、それらの知識・理解度を評価します。最優秀チームには100点が与えられます。

The cost event is presenting the expensis of the car about material and manufacturing processes and discussing some judges about cost relevancy. Each team has to submit "Cost Report" before the competitions. The best team gets 100 points.

プレゼンテーション Business Presentation (75points)

 学生のプレゼンテーション能力を評価することが狙いです。プレゼンテーションは、『競技のコンセプトに沿い、製造会社の役員に設計上優れていることを確信させる』という仮想のシチュエーションのもとで行います。最優秀チームには75点が与えられます。

The presentation event is about convincing the executives of a corporation that the team’s design, selling plan, markrting strategy. The best team gets 75 points.

動的審査 Dynamic event

スキッドパッド Skid pad (50points)

 8の字コースによるコーナリング性能を評価します。各チーム2名のドライバーがそれぞれ2回、計4回走行してタイムを競います。最優秀チームには50点が与えられます。

Skid-pad event is to measure the car’s cornering ability on a flat surface while making a constant-radius turn. The cars cross 15.25m diameter figure eight circle two times. Each team can attempt four times two different drivers. Each driver has two attempts at a mximum. The fastest team gets 50 points.

アクセラレーション Acceleration (75points)

 0-75m加速をします。各チーム2名のドライバーがそれぞれ2回、計4回走行してタイムを競います。最優秀チームには75点が与えられます。

THe acceleration event avakuate the car's acceleration. The cars will run the acceleration course that's 75m length from standing position to finjsh line. Each teams can attempt four times two different drivers. Each driver has two attempts at a maximum. The fastest team gets 75 points.

オートクロス Autocross (150points)

 直線・ターン・スラローム・シケインなどによる約800mのコースを走行します。各チーム2名のドライバーがそれぞれ2回、計4回走行してタイムを競います。最優秀チームには150点が与えられます。

The autocross event is to evaluate the car's maneuverability and handling qualities on an about 800m tight course without the hindrance of competing cars. The autocross course will combine the performance features of acceleration, braking, and cornering into one event. Each team can attempt four times two different drivers. Each driver has two attempts at a mximum. The fastest team gets 150 points.

エンデュランス Endurance (300points)

 直線・ターン・スラローム・シケインなどによるコースを22km走ります。11km走った後、ドライバーチェンジをし、計2名のドライバーで耐久走行をします。これによって、車輌の全体性能と信頼性を評価します。最優秀チームには300点が与えられます。

The Endurance Event is designed to evaluate the overall performance of the car and to test the car’s durability and reliability. The cars run 22km on Autocross simmilar course. After 11km running, each team has to change driver. The fastest team gets 300 points.

効率 Eficciency (100points)

 エンデュランス時の燃料消費量で評価します。最優秀チームには100点が与えられます。

The Efficiency is based on a metric of the amount of fuel consumed or energy used and the lap time on the endurance course, averaged over the length of the event. The best team gets 100 points.