Tokai Formula Club

TF2015

機能美~定常性能と過渡性能の両立~

 TF2015では、軽さと高い剛性を活かし、定常性能と過渡性能を両立した車両性能を目指しました。フルカーボンモノコックの形状変更、エアロデバイスの小型化、エンジンの高出力化の3点についての大幅な改良を加えました。それにより、モノコック重量23kgを実現するとともに、エアロデバイスによる高いダウンフォース、パワートレインでは低回転での充実したトルクバンドを持つエンジン特性を維持しながらも、高回転域でのトルクを補いました。軽さと高い剛性を活かし、定常性能と過渡性能を両立した車両性能を目指しました。

In TF2015, we aim for blanced steady performance and transient performance turning to practical use lightness and high stiffness. Major improved points of TF2015 are three things "chenge in geometory of carbon monocoque", "downsizing of aerodynamics" and "powered up engine". We achieved monocoque weight to 23kg and high downforce by aerodynamic devices. And in powertrain, we keep engine characteristic having fullfilling engine torque bamd in the low rpm range making up for high rpm range torque.