Tokai Formula Club

TF2014

究極~斬新さと正確性の追求~

 シャシーは軽量化・高剛性化に重点を置いて開発を行い、これらを実現させるためにフルカーボンモノコックを採用しました。 製作はマスターモデルからすべてメンバーの手で行われ、完全自作のモノコックを製作しました。

 タイヤデータから旋回時の輪荷重及びコーナリングフォースを検討した結果、 空力を積極的に利用してダウンフォースを稼ぐことによりタイヤ一輪あたりの荷重を増加させることが必要と考え、前後ウィング・アンダーパネルを設計・製作しました。

 エンジンは高出力とフラットなトルク特性を実現するため、V型2気筒エンジン(SUZUKI DL650ボアダウン仕様)を採用しました。また燃焼改善を図るため,ピストンの冠面を改良した新しいピストンを設計しました。

Ultimate ~Quest of originality and strictness~

Chassis development was operated select a focus weight saving and high stiffness. We produce carbon fiber monocoque it is full self-produced.

The result of deliberation about wheel load and cornering force using tyre data, We designed front wing, rear wing and floor to gain downforce harnessing aerodymamics strongly.

We use two cylinders SUZUKI engine DL650 and retrofitted new design crown surface piston for ignition remeditation.