Tokai Formula Club

TF2011

いと、うつくし

 コーナリング時の安定性向上のため、TF2011と同エンジンを搭載しているTF2009より、ロングホイールベースに設定しました。 また、昨年度まで7Jのタイヤに6Jのホイールを使っていたのに対し、今年度はホイールを新設計しサイズを7Jにしました。

 エンジンはV型2気筒エンジン(SUZUKI SFV650ボアダウン仕様)を採用しました。 これにより、エンジントルク性能曲線をフラットトルクに近づけ、ドライバーはエンジン回転域を気にすることなく、マシンを操作することができます。

 モノショックサスペンションやインボードブレーキを採用することにより,部品点数を削減し,整備性の向上を行いました。 また、部品点数を削減することにより、各パーツの軽量化も行いました。

 エンジンをフレームから垂直方向に移動させるだけでエンジン脱着ができ、さらに足回り部品を付けたままの脱着を可能にしました。 これにより、エンジン脱着時間の短縮を実現しました。

Very beautiful

Wheelbase is longer than TF2009 using same engine to improve cornaring stabillity.

We used Vtwin engine SUZUKI SFV650 to approximate "flat torque" engine torque curve.

Monoshock bumper and inbord brake system contribute to reducing number of components. It also contribute to saving components weight.