Tokai Formula Club

TF2010

エンデュランス制覇

 TF2010の「出力向上」を達成するため、スズキ株式会社製のGSX-R600(K5)に搭載されている直列4気筒600ccのエンジンを採用しました。 刻一刻と環境が変化するエンデュランス走行において、その出力を最適化されたボディや足回りを介し確実に路面に伝えます。

 昨年度の日本大会上位車両を参考に各部品のグラム単位の軽量化を行いました。同時に慣性モーメントの低減を考え、マスの中心化を図りました。

 部品の搭載位置を見直すことにより、同エンジンを搭載したTF2008よりも全長、全幅をそれぞれ95mm、330mmの短縮、 2気筒エンジンを搭載したTF2009より、全長は同等、全幅は107mmの短縮を実現しました。これによりサーキットでの操作性を確保するほか、1t以下のトラックに完全組み立て状態で搭載可能なサイズに収めました。

Winning Endurance event

TF2010used four cylinders SUZUKI engine GSX-R600 to achieve "improvement of power" and transmit the power to road certenly through optimized body and suspension system.

We try to reduce weight every parts as much as possible. Also, we conspire centering mass for reducing inertia moment.

And, we resessed position of parts, we realize shortening overall length and overall widtht each 95mm and 330mm as against TF2008 using same engine and overall widtht 107mm as against TF2009 using two cylinders engine. Therefore size set in taking on truck people can drive japanese stabdard driving lisence in full assenbly.