Tokai Formula Club

TF2005

初心者が学べるレーシングカー

 TF2005は2005 Formula SAE Rulesに基づき、設計された量産レーシングカーのプロトタイプです。

 サスペンションは、フロント、リア共に不等長ダブルウィッシュボーンとしました。ダンパーにはバイク用のダンパーを採用しています。

 比較的手軽に走ることのできる全長1km未満のショートサーキットでの走行を想定し、コーナー立ち上がりでの瞬発力を重視したパッケージングとしました。

 そのためエンジン特性を低速トルク型としました。

 そのトルクを軽量、高剛性なメインフレームを介し、最適なジオメトリーの足回りで確実に路面に伝えます。

 そしてこのエンジン特性の弱点である高速域の非力さを車両の旋回性能で補います。

 また、デファレンシャルからハブまで市販部品を採用することで、ユーザーの交換部品の調達を容易にしました。

 またボディーサイズ、重量は普通免許で運転できる最大積載量1t以下のトラックに完全組み立て状態で搭載可能なサイズに収めました。

Leaning car for beginners

TF2005 is a prottype of production model racing car designed under Formula SAE Rules. 

We puckaged TF2005 with high regard for instantneous force on cornering exit supposing the car run in short racetrack.

Therefore, engine characteristic is regarded as high torque at low rpm. Car transmit torque to the road certainly through light weight and high stiffnes main frame and optimized suspension system. And weak point of engincharacteristic,low power at high rpm, make up for high cornering performance.

User make easy outfitting replacement parts using available parts from differential to hub section.

Size and weight set in taking on truck people can drive japanese stabdard driving lisence in full assenbly.